2012年10月26日

北米インディアンの魂の教え

Akira Kashiwagi



こんにちは!地球元気アップの柏木です。

伊勢神宮さんのお仕事をしたり、ゲーム制作関連のお仕事をしていまして、かなり忙しかったので、ブログ更新が久しぶりとなってしまいました!

今日はおすすめの本をご紹介したいと思います。

それは、「シートン動物記」で有名なアーネスト・シートンの著作で、

レッドマンのこころ―「動物記」のシートンが集めた北米インディアンの魂の教え

です。

ホワイトマン(白人)とレッドマン(ネイティブアメリカン)の歴史文献をもとに、レッドマンの魂をあぶり出しています。

また、日本人のこころにも通じる、偉大な精神のことが書かれています。



本書あとがきより抜粋:ネイティブアメリカン酋長シアトルの言葉です。



「あなた方の宗教(キリスト教)は、活字によって書き記されている。

レッドマンにはそれが読めないし、したがって理解できない。

それとは違い、われわれの宗教は先祖からの伝統なのだ。

厳粛な儀式のもとに、夜の静寂の中で、大霊より授かったものだ。

それが偉大なる先祖のビジョンとなって、われわれの胸に刻み込まれている。

あなた方の先祖は、墓の入り口を通り抜けると、それきりあなた方のことを忘れる。

あなた方も彼らのことを忘れる。

が、われわれの先祖霊は、地上のことを決して忘れない。

うるわしき谷、のどかなせせらぎ、壮大なる山々、木々に囲まれた湖、、、

彼らはしばしば、その美しさが忘れられず舞い戻ってくる。

われわれのもとを訪ね、導きを与え、慰めてくれる。(中略)

この地球上のどこにも孤独な場所、誰もいない場所は一つもない。

いずこも先祖の霊でにぎわっているのだ。

ホワイトマンも実は決して孤独ではない。

人間として正しく、そして、優しい心さえ忘れなければ、先輩の霊たちが力を貸してくれる。

私は「死」という文字を一度も用いていない。

「死」は存在しないからだ。

ただ生活の場所が変わるだけなのだ。」


ーー抜粋、以上ーー



この心は、私たちにもよく分かるものだと思います。

今世紀は、私たちのつながりが大事であるとされる時代だと思います。

何も新しいものを探さなくても、偉大な精神は私たちのDNAに刻み込まれていると思います。

だから、共感できる、そして、共有できるのです。

そして、分かり合える。

この本、おすすめです!



レッドマンのこころ―「動物記」のシートンが集めた北米インディアンの魂の教え








それでは、今日もありがとうございました!

感謝しています!

いやあ、人って、地球って本当にすばらしいものですね!


それは、愛に満ちています!





  ★読もう!
 【殿堂入り】英語上達マガジン「もっと!トークるズ」
 http://www.mag2.com/m/0000152105.html


以上、



柏木@夢大国、幸せ大国ニッポンを創ろう!

   そして、日本を元気に、世界をひとつに!

   地球元気アップ!


でした。
posted by よーし!柏木 at 16:41| 神奈川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書のススメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。