2011年01月04日

テレビでは聞けないジャパネットたかた社長の名言集 その2 「伝え方の心得」編

Akira Kashiwagi




新年おめでとうございます!

トークるズと

アキュワーズ株式会社の代表の

柏木章です!



ジャパネットたかたの高田明社長の本がお勧めです。

私も人前で話すことがよくあるのですが、

この高田社長の名言は本当だと思います。




以前、講演を聴いたときも同じ事を伝えていました。

素晴らしい本です。


以下、この書籍及び、NikkeiBPnet記事より

テレビでは聞けないジャパネットたかた社長の名言集
その2 「伝え方の心得」 

http://www.nikkeibp.co.jp/article/column/20101208/254079/



●話すということは、ただ口から言葉を発することじゃない。想いを伝えることです。だから、話すのがうまいとは、自分の想いを伝えられる人のことを言うのだと思います。

(仕事ではアナウンサーのようによどみしゃべれなくても大丈夫)


 
●どうしたら想いが伝わるのか。下手でもいいから、自分の想いを自分の言葉で素直に話すことです。

(社員に「自分の想いを周りの人に伝えなさい」と繰り返し話している)

 

●同じ商品を紹介していても「売れる」ときと「売れない」ときがあります。 両者で一体何が違うのか。それは間違いなく話し手の“気力”です。

(多少言葉に詰まっても想いが強ければ相手に伝わる)


 
●お客様は機能や使い方ではなく、「その商品を買ったら、自分の生活がどのように豊かになるのか」に興味があると思うのです。

(ICレコーダーの使い方を提案してお母さんたちに大ヒット)

 

●お客様の関心事は日々変わっています。同じ表現方法を繰り返すのでは、お客様の心は動かないと思っています。伝え方の工夫が常に必要なのです。

(生放送10秒前に思いついた商品説明方法で大ヒット)

 

●テレビショッピング番組で商品説明をするとき、私はまったく緊張しません。何事も、うまくやろうとするから緊張するんです。その点、私はうまくやろうと思っていないから。

(プレゼンのコツは「自分をよく見せよう」と思わないこと)

 

●どうしたらお客様に想いが伝わるのか。私たちはそれを常に考え、そのための努力をしなければなりません。だからこそ、私は手や指の動き1つでさえもおろそかにできないと考えるのです。

(商品紹介では、手で持ったり、指差したりすることも効果的)





今年の初日の出は、いい写真が撮れました!


20110101FirstSunrise.jpg

飛行機雲が右肩上がりで写っています!

あなたの一年も光をいっぱいに浴びて右肩上がりで!


楽しくいきましょう!







 ★読もう!
 【殿堂入り】英語上達マガジン「もっと!トークるズ」
 http://www.mag2.com/m/0000152105.html





  ★はじめよう!英会話!
 ▽価値ある教材なら、充実サポートのトークるズでどうぞ!
   http://acqwords.com/


以上、

    柏木@日本を元気に、世界をひとつに

    日本一の英会話学校も作りますよ!
    (出資したい方、募集中です!)


でした。


柏木章のTwitter(ツイッター) http://twitter.com/KashiwagiAkira





nihonsekai - コピー.jpg


ご満足いただけましたら、ここをクリックして、人気ブログランキングへ



にほんブログ村 ベンチャーブログ ベンチャー社長へ



Twitter
無料ブログパーツ ツイッター用


posted by よーし!柏木 at 10:38| 神奈川 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | 読書のススメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
画像頂きました。
ありがとうございました。
Posted by aritomi at 2011年01月07日 11:49
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。